知育玩具とインテリアにも最適なふわふわ動物ぬいぐるみを販売

合戦置物 川中島の戦い

やましろ

¥1,600
原材料について 素材:木・発砲スチロール・紙・綿ポリエステル
生産国:日本
サイズ W11×D5.5×H7cm
商品について 色鮮やかな和紙を使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。
有名な合戦と戦国武将がモチーフとなっています。
川中島の戦い
1553年(天文22年)~1564年(永禄7年)の12年間、5回に亘る伝説の合戦の総称です。宿敵である甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信が、北信濃の支配権を巡って争いましたが、長い戦いにもかかわらず勝敗はついていません。 1561年(永禄4年)の第4次合戦の激戦が広く知られているため、その戦場となった地名から、他の場所で行なわれた戦いも含めて川中島の戦いと呼ばれていますが、一般的には川中島の戦いと言ったときには、第4次合戦を指します。
12年にも及ぶ長い長い川中島の戦いは決着がつかないまま終わりました。比類なき名将同士の戦いであり、歴史に残る名勝負と言えますが、武田・上杉双方にとっては、痛恨の戦いだったとも言えます。
武田信玄と上杉謙信という2人の最強の武将が長い戦いを信濃で繰り広げている間に、西では織田信長が台頭し、天下統一へ駒を進めていきました。もしも信玄と謙信が同盟を結んで信長に対抗していたら、あるいは歴史は大きく変わっていたかもしれません。

https://www.touken-world.jp/tips/7085/
ラッピングについて
当店では包装を別途お求めいただけます。
100+1 専用ラッピングバック (L)
100+1 専用ラッピングバック (S)
※複数の包装が必要な場合は必要数分だけ包装もご注文ください。