知育玩具とインテリアにも最適なふわふわ動物ぬいぐるみを販売

合戦置物 桶狭間の戦い

やましろ

¥1,600
原材料について 素材:木・発砲スチロール・紙・綿ポリエステル
生産国:日本
サイズ W11×D5.5×H7cm
商品について 色鮮やかな和紙を使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。
有名な合戦と戦国武将がモチーフとなっています。
桶狭間の戦い
戦国の世の運命を変えたのが、『桶狭間の戦い』です。
織田信長と今川義元の戦いです。
守護大名からそのまま戦国大名としても大きな力をもった、尾張東方の駿河(するが)、遠江(とおとうみ・ともに現在の静岡県)、さらに傘下の三河(みかわ・現在の愛知県東部)を加えた三国の覇王です。
今川義元は、1560年5月、2万5,000人とも言われる大軍を率いて、にわかに尾張に侵攻します。
このとき織田信長は3,000人程度の軍事力しかなく、普通に考えれば、敗北は確実でした。
ところが、尾張に侵入した今川軍は織田家の砦を次々と奪っていきました。こうした状況にありながらも、『清洲城』(きよすじょう)の織田信長はまったく動く気配もみせず、軍議もまじめに行いません。重臣の多くはあきれていました。ところがどうしたことか、急に出陣の準備を命じると、みずから馬に乗って駆けだしたのです。この時すでに前線の砦は今川軍の攻撃で落ちてしまっていました。
今川義元は前哨戦の勝利に気を良くして、ゆったりと休息していました。
やがて織田信長のもとに、「今川義元が桶狭間山で休息をとっている」という情報が入ってきます。
このとき織田信長は、敵陣を急襲する決断をくだします。これが桶狭間の戦いです。

https://benesse.jp/contents/history/okehazamanotatakai/ https://www.touken-world.jp/tips/7145/
ラッピングについて
当店では包装を別途お求めいただけます。
100+1 専用ラッピングバック (L)
100+1 専用ラッピングバック (S)
※複数の包装が必要な場合は必要数分だけ包装もご注文ください。