知育玩具とインテリアにも最適なふわふわ動物ぬいぐるみを販売

合戦置物 本能寺の変

やましろ

¥1,600
原材料について 素材:木・発砲スチロール・紙・綿ポリエステル
生産国:日本
サイズ W11×D5.5×H7cm
商品について 色鮮やかな和紙を使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。
有名な合戦と戦国武将がモチーフとなっています。
本能寺の変
戦国・安土桃山時代の武将、織田信長(おだのぶなが)は中国(日本の中国地方)出陣の途中に、京都・『本能寺』にて重臣であった明智光秀の謀反にあい、自殺に追い込まれます。天下統一を目前にした49歳の時でした。
織田信長が1582年3月に難敵・武田氏を討ち、天下人にまた一歩近づいた矢先のことでした。織田信長は備中(びっちゅう・今の岡山県南部)で毛利氏と争っていた家臣・羽柴秀吉((はしばひでよし)、後の豊臣秀吉(とよとみひでよし))の救援に向かうため京都の、『本能寺』に宿泊することになりました。
一方、明智光秀も中国出陣を命ぜられていましたが、冒頭の「敵は本能寺にあり!」という言葉にある通り、1万数千にも及ぶ自身の軍勢を西(中国方面)へ向かわせず、東(京都)に転じて『本能寺』を急襲しました。
明智光秀の大軍に対し、織田信長は数十人というわずかばかりの兵しか従えておらず、織田信長は自害という選択肢を選びました。

https://benesse.jp/contents/history/honnoujinohen/ https://www.touken-world.jp/tips/7090/
ラッピングについて
当店では包装を別途お求めいただけます。
100+1 専用ラッピングバック (L)
100+1 専用ラッピングバック (S)
※複数の包装が必要な場合は必要数分だけ包装もご注文ください。