知育玩具とインテリアにも最適なふわふわ動物ぬいぐるみを販売

合戦置物 大阪夏の陣

やましろ

¥1,600
原材料について 素材:木・発砲スチロール・紙・綿ポリエステル
生産国:日本
サイズ W11×D5.5×H7cm
商品について 色鮮やかな和紙を使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。
有名な合戦と戦国武将がモチーフとなっています。
大阪夏の陣
『大阪冬の陣』は1614年に、『大阪夏の陣』は翌1615年に『大阪城』周辺を舞台に行われた戦いです。この戦いに勝利した徳川家康(とくがわいえやす)が、豊臣本家(羽柴家)を滅ぼしました。
『冬の陣』の発端は、1614年に起きた『方広寺鐘銘事件』(ほうこうじしょうめいじけん)です。
徳川家との戦いにそなえ、豊臣側では総兵力約10万人を集めますが、その中には、真田信繁(さなだのぶしげ)や長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)など、有名浪人が参戦しています。
徳川側への対応は、二重の堀を生かした堅固な『大阪城』での籠城作戦がとられました。
対する徳川家康が率いる軍勢は約20万人に上り、『大阪城』を包囲した攻囲戦が開始されます。
徳川側は豊臣側を大きく上回る人数と、連日にわたる大砲の攻撃をしかけますが、守りの固い『大阪城』と真田丸(さなだまる)をはじめとする各隊の働きにより、徳川側の猛攻をしのぎました。結果として、『大阪冬の陣』は徳川家康の申し出により和議が持たれ終結します。

https://benesse.jp/contents/history/osakanatsunojin-fuyunojin/ https://www.touken-world.jp/tips/7033/
ラッピングについて
当店では包装を別途お求めいただけます。
100+1 専用ラッピングバック (L)
100+1 専用ラッピングバック (S)
※複数の包装が必要な場合は必要数分だけ包装もご注文ください。