知育玩具とインテリアにも最適なふわふわ動物ぬいぐるみを販売

合戦置物 関ヶ原の戦い

やましろ

¥1,600
原材料について 素材:木・発砲スチロール・紙・綿ポリエステル
生産国:日本
サイズ W11×D5.5×H7cm
商品について 色鮮やかな和紙を使用し、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。
有名な合戦と戦国武将がモチーフとなっています。
関ヶ原の戦い
戦国時代後期1600年 美濃の関ケ原(現在の岐阜県不破郡関ケ原町)で徳川家康を大将とする「東軍」と石田三成を中心とする反徳川勢力の「西軍」が行った合戦。
豊臣秀吉の死後、天下の実権を握った家康は三成と対立し、それぞれ諸大名を糾合して戦ったが、小早川秀秋の寝返りにあった西軍は惨敗し、三成らは処刑され、豊臣秀頼は摂津・河内・和泉六〇万石の一大名に転落した。この結果、徳川氏の覇権が確立。俗に「天下分け目の戦い」という。

https://benesse.jp/contents/history/sekigaharanotatakai/ https://www.touken-world.jp/tips/7045/
ラッピングについて
当店では包装を別途お求めいただけます。
100+1 専用ラッピングバック (L)
100+1 専用ラッピングバック (S)
※複数の包装が必要な場合は必要数分だけ包装もご注文ください。